相談している人達

品質の良い補聴器

耳が遠くなった人にとって補聴器は日常生活を支える大切な道具の一つになります。高齢者が日常的に補聴器を利用する姿はよく目にしますが、価格によって品質に差があり格安のものだとあまり使い物にならない道具になってしまいます。価格が安い補聴器は雑音が多く聞きづらいものが多く、音量の調節が大雑把なため利用する人の聴覚に合わせることができないレベルの可能性が高いのです。毎日身に着けるものなので眼鏡と同じく専門店に行き使用する人の聴覚に合わせオーダーで購入が理想です。ただしオーダーとなると10万円以上の高額商品になります。その代り自分の聴覚に合った補聴器は外部の音がクリアに聞こえるので聞こえないつらさを感じることがほとんどないのです。

現在、補聴器は耳栓のように耳に入れてしまうタイプのものが人気です。パッと見は補聴器をつけていることが他人からわからないことと、小さいので持ち歩きに困らないのが利点です。補聴器の大きさが気になり身に着けるのに抵抗があった人も耳栓タイプのものであれば周りの目を気にすることなく使用できるので女性の利用者も急増しています。老化や病気のために耳が聞こえづらくなることはつらいことですが、聞こえないために大声になったり何度も聞き返したりするなど知らない間に他人に不快感を与えることも残念ながらあります。しかし補聴器を利用することである程度は解消できるようになってきています。補聴器は思っている以上に進化しています。